墓じまいだけなら手続きは少ない

近年、祖父母や両親のお墓の墓じまいをする人が増えています。自分には兄弟姉妹や子供がおらず、自分が亡くなったら墓守をする後継者がいなくなってしまうことが大きな原因の一つのようです。墓じまいだけを行う場合、墓地管理者に埋蔵証明書を発行してもらいます。このようなケースではお墓から先祖のお骨を取り出して散骨し、自分が亡くなった時も散骨してもらうことが多いようです。また、遠い田舎のお墓に頻繁に墓参りに行けなくなってしまったから、元のお墓を墓じまいして、住んでいる場所の近くにお墓を移すというようなケースも見られます。このような場合、墓じまいと同時に改葬も行うことになります。改葬を行うには元のお墓のある市区町村役場に改葬許可証を発行してもらう必要があります。

改葬をするにはお墓の受け入れ先も必要

改葬を行う場合、次のお墓の受け入れ先の準備も行わなければなりません。まず次のお墓の移転先を確保し、元のお墓のある市区町村役場に改葬許可申請を出します。そして改葬許可証を発行してもらうための準備をします。改葬許可証を発行してもらうには、元のお墓の墓地管理者に発行してもらう埋蔵許可書と、次のお墓の墓地管理者に発行してもらう受け入れ許可書が必要になります。この2種類の書類を市区町村役場に提出し改葬許可証を入手したら、元のお墓の墓地管理者に提示してお骨を取り出し、次のお墓の墓地管理者に提出してお骨を治めます。墓じまいだけの時とは違い、改葬も行う時にはこれだけの手順を踏まなければならないのです。

墓じまいは遺骨を移す他に不要な墓石を廃棄するための費用がかかります。また、作業の際は周囲の敷地に入り込まないように注意するのが社会的なマナーです。