UHFアンテナの王道とも言えるオーソドックスタイプ

自宅でテレビを観るために欠かすことのできない物といえば電波を受信するためのアンテナです。日常生活で無料で観ることができる地上波放送の受信にはUHFアンテナが必要になります。一口にアンテナと言ってもいくつかの種類があって、それぞれの特性を理解して自宅に相応しい物を選ぶことが大切です。
まず一つ目が八木式と呼ばれる物で、魚の骨のような形をしている比較的多くの家庭で使われているタイプがこれに当たります。自宅の屋根などに取り付けるのが一般的で、電波を受信しやすいのが特徴です。

屋根の形状に左右されずに利用できる平面タイプ

二つ目が平面アンテナと呼ばれる自宅の外壁などに取り付けるタイプで、フラット式と呼ばれることもあります。八木式と違い建物の景観を壊さないのが特徴で、北国など降雪量が多く屋根に取り付けられない場所にもおすすめです。

持ち運びが自由で使いやすいコンパクトタイプ

最後の三つ目が室内アンテナになります。こちらは配線の必要がなく自宅内のどこにでも置けるのが特徴ですが、他のタイプに比べて受信できる電波が微弱になりやすいので注意が必要です。

衛星放送を受信するために必要になる専用アンテナ

テレビ人口の増加に伴って近年人気となっているのがBSやCSと言った衛星放送です。こちらは無料で視聴できる地上波とは違い、有料で契約をすることで観ることができます。
必要となるアンテナも異なりBS、CSそれぞれの視聴に合わせたアンテナを設置しなくてはいけません。これらは宇宙を飛んでいる衛星から送られてくる電波をパラボラで受信することで視聴が可能になるため、高さによる影響がない代わりに設置する向きには注意が必要です。

アンテナ設置は屋根での作業が必要になるため、素人が行うのではなく専門業者へ依頼することで、安全に作業を進められます。