今あるお墓をなくすことの意味

昔の日本社会では、その地域に生まれた人はそこで一生を終えるケースが非常に多かったですし、家制度が強固なものとして存在していました。そのため、一族のお墓を継承して管理することは当たり前のように行われていたのです。しかし、時代が流れて地方から上京した若者がその首都圏で就職・結婚し、生活の拠点を地元ではなくそこに移すようになると、従来の家制度にゆらぎが生じるようになります。家とのつながりが薄れていくことで、実家のお墓を管理することが困難になり、次第にお参りをする人がいない無縁墓が増えていきました。確かに、遠く離れたところにあるお墓の管理・維持って現実的に困難な問題ですよね。この傾向は、団塊ジュニア世代が定年退職するころに強まります。そのような時代の中で生まれたのが、「墓じまい」です。

言葉は知っていても、具体的にはわからない?

墓じまいとは一体どのような行為を指すのでしょうか。具体的にはそこにある墓石を撤去して遺骨も取り出してから更地にして、その墓地を管理者に返すことと、その一連の手続きのことを言います。墓地はその区画を購入しているわけではなく、その区画の永代使用権という権利を得ているに過ぎません。墓じまいをする際には、その権利を返還しなくてはならないのです。墓じまいの為に必要な手順を終えてから、手元に戻ってきた遺骨を新しく供養します。永代供養・散骨・新しいお墓に合祀などの方法が選ばれるんですよ。新しく埋葬し直すことを、特に改葬と呼びます。

墓じまいの費用は個人で行うと高くなる事がありますが、法律事務所などに依頼すると費用を抑える事が出来ます。