卒業アルバムが傷んでしまう原因と予防方法

卒業アルバムは学校に通っていた思い出を写真という形で手元に残せる物なので、いつまでも綺麗な状態で保管することが望まれます。その一方で年月の経過と共に色落ちやページの破れといった損傷に見舞われることがあります。保管の方法が間違っているとアルバムが傷んでしまうので、原因を正しく把握したうえでトラブルを避けるのが綺麗な状態を保つための秘訣です。

アルバムの傷みは日光や湿気による悪影響が原因の多数を占めます。特に湿度が高い夏季はアルバムにわずかでも汗や垢などの汚れが付着しているとカビの繁殖に繋がってしまうので、日頃から素手で触らないように注意することが大切です。また、日光に当たると色落ちや紙の劣化を引き起こすので、アルバムを見るときは出来るだけ直射日光を避けることを心がけます。

卒業アルバムを家族で楽しむメリット

卒業アルバムを家族と一緒に見ることで学校に通っていた思い出を振り返ると共に、同じ時間を過ごした家族と共通の話題で盛り上がるきっかけを得ることが出来ます。学校を卒業してからは年月が経過するごとに記憶があいまいになってしまいますが、卒業アルバムを見ることで当時のことを思い出すことが可能です。特に家族と一緒に見ることで、当時の様々な事柄を思い返しながらより深い絆が結ばれます。また、親族の卒業アルバムと比較して時代ごとの思い出を比較する楽しみ方も出来るのが家族でアルバムを見るメリットの一つです。

卒業アルバムは単に学校に通っていた記録を残すだけではなく、当時の心情や家族との関係を鮮明に思い返すことが出来るツールとしての役割も併せ持っているので、出来るだけ大切に扱うことが思い出を鮮やかに残すための心得です。

卒業アルバムとは在学していた日々の思い出を振り返ることが出来る、入学から卒業までの学校で過ごした日々の記録です。運動会や修学旅行などを綴るページや作文を載せるなどその在り方は様々です。