ポスターフレームを使うメリットと材質選び

ポスターフレームはポスターを貼るパネルの一種で、変形防止の効果がある外枠が付いている構造になっています。ポスターのシワや弛みを防ぐ効果があるので屋外に設置することも可能です。また、アクリルパネルを嵌めこむ作りのフレームは水濡れにも強いので、ポスターが劣化する心配がありません。ポスターフレームは材質によって強度や重量が異なるので、利用目的に合わせて選ぶのが上手な使い方です。一般的にサイズが大きくなる程歪みやズレなどの不具合が生じるリスクが高くなることから、頑丈な材質になる傾向があります。その一方で軽量な材質でも錆びや変色などのトラブルを防ぐ加工が施されているフレームは高額な物が多いので、使う環境を考慮して判断します。

ポスターフレームの使用と宣伝効果の関係

ポスターフレームを使うことでポスターが傷みにくくなる他、他の広告媒体との差別化を図ることが出来ます。フレームは軽量の物であれば宙吊りにして使うことも出来るので、より目立ちやすくすることも可能です。フレームの材質によってはライトやスピーカーを取り付けて宣伝効果を向上させることが出来ます。使い方を工夫することで電光掲示板やLEDパネルのように暗所でも目立たせることが可能ですが、その一方でポスターフレームの耐久性や熱の伝導率を考慮するのが安全に使うための心得です。ポスターフレームはポスターを傷めずに宣伝を行う目的で使うので、使用場所や維持コストを考慮したうえで適切な方法で扱うことを心がけます。

ポスターフレームとは、ポスターを入れるためのフレームです。ポスターサイズに合わせて大きなものから小さなものまであります。