うどののヨシ原、鵜殿ヨシ原研究所(小山弘道所長)、鵜殿クラブを紹介します

大阪日日新聞に記事が掲載、高速道建設”待った”「鵜殿のヨシ原」守れ

2015年12月25日  下記は記事から引用、

 雅楽に欠かせない楽器「篳篥(ひちりき)」のリード「蘆舌(ろぜつ)」に最適とされる天然ヨシを守るため、雅楽関係者らが高速道路の建設に“待った”を掛けている。淀川の河川敷に広がる「鵜殿のヨシ原」(高槻市)は、蘆舌に使われるヨシの産地だが、新名神高速道路の建設計画が進んでおり、影響が心配されている。

続きは大阪日日新聞のサイトをご覧ください。

パンフレット「鵜殿を遊ぶ、価値ある水辺を創る」

場所、大きさ、概容、

ヨシ、ヨシと人の文化、


鵜殿、自然と生きもの


世界無形文化遺産、雅楽、

ひちりき、ひちりきのヨシ、日本一。

鵜殿をあそぶ、パンフレット
鵜殿を遊ぶパンフレット2011_鵜殿ヨシ原研究所・鵜殿クラブpdf.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 13.9 MB

「鵜殿を遊ぶ~夢・水辺を創る 40年目の記録」活動の記録集

「鵜殿のヨシ原について(大阪府、淀川)」

・歴史的景観が素晴らしい!比叡山も望める。

・大都会に奇跡的に残った、広大な湿地・草原

・鵜殿に川が流れる?淀川からポンプで水路に

・ヨシはどんな植物?昆虫は?野鳥は?

 ハヤブサ、ノスリ、キツネやタヌキ、イタチも。

・「世界無形文化遺産・雅楽」の音色を支える

 日本で最高のヨシ原です。楽器・ひちりき。

 「40年の活動の記録集」

・1975年から研究者、小山弘道とボランティア

 で調査や保全活動が行っています。

・調査は毎週、観察会は毎月開催、参加者募集中

                      ・ヨシの紙やヨシのお箸などが販売され人気です。

作成にあたり、リコー社会貢献クラブ・FreeWill様のご支援を頂きました。

「鵜殿の遊ぶ~夢・水辺を創る」40年目の記録
201510「鵜殿を遊ぶ~夢・水辺を創る」40年目の記録_鵜殿ヨシ原研究所.pd
Adobe Acrobat ドキュメント 9.8 MB

鵜殿のパンフレット「鵜殿をあそぶ」

うどののパンフレット